鰹通信

文筆屋ささきかつお のblogです。近況、お知らせ、読書日記など書いてます。

ウチのセンセーは、今日も失踪中

f:id:maehara63:20180401153714j:plain

【読書日記】4/1読了

『ウチのセンセーは、今日も失踪中』山本幸久幻冬舎文庫

私事、ずっとファンであり、デビュー作から追い続け、

最新作が出ると、必ず読んでいる作家さんがおります。

順不同敬称略で浅田次郎吉田修一窪美澄

そしてこの、山本幸久センセーです。

漫画家アシスタント君の奮闘を描いた著者十八番のお仕事モノ、

でありながら、もう一つの系統である青春モノの要素もあって、

実直な主人公の、マンガにかける想いがヒシと伝わってキュン。

クセのある脇キャラ、マンガ業界話など、読み所は多々あれど、

個人的には「でもおれ、この仕事、好きなんだよね」ってのが、

全篇通して伝わってきて、これが山本作品の好きなところです。

肩肘はらずに読めるのも好き。文体が自分に合っているのかな。

もう一冊、新刊が出てるので、そっちも読まねば。

 

 

水田マリのわだかまり

f:id:maehara63:20180328210710j:plain

【読書日記】3/28読了

『水田マリのわだかまり宮崎誉子(新潮社)

タイトルに惹かれて手にした本なんですが、

何だろう、エライものを読んでしまった感。

(イイ意味で、ですよ)

ポプテピピック』を活字にしたら、こんな感じに

なるんじゃあないかという短編が2作。

田舎町に住むマリちゃんは、母親が失踪し、

自身は三日で高校を辞めて洗剤工場につとめる。

で、そこで出会うクセが強い人たち、との話。

もう一編の老父母の老いに接する中年女性の話も

リアルに突き抜けてて、じわじわ、ひりひりくる。

フツーの読書に飽いていた自分には、久々に刺激的な

一冊でありました。この作者さん、注目していこう。

 

 

 

 

長く高い壁

f:id:maehara63:20180322195442j:plain

【読書日記】3/22読了

『長く高い壁』浅田次郎角川書店

敬愛する心の師、ジロー先生の最新作はミステリー!

ファン歴長いアタクシですが、ミステリーってあったかな?

と思うくらい珍しいのではと思っております。

部隊は戦時中の中国、日本軍の従軍作家と中尉が

憲兵とともに「小隊10人全員死亡」の謎を解く、話。

近現代中国、日本軍、ともに先生ならでは舞台設定、

なのですが、ここにガッツリとミステリー。脱帽!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディレイ・エフェクト

f:id:maehara63:20180228174653j:plain

【読書日記】2/28読了

『ディレイ・エフェクト』宮内悠介(文藝春秋

「すごい」と思っている作家さんの一人で、

SFの括りで語られることも多い方ですが、

私的にはジャンルなんかどーでもいいかと。

昨年読んだ『彼女がエスパーだったころ』も

かなり新鮮な読書だったのですが、本作も

3短編にビシビシと刺激をいただきました。

なかでも表題作は現代と、戦時下の東京が

重なるという、かなりすっ飛ばした設定で、

もう、私の想像のナナメ上を行っています。

見えている過去と、読めている過去の未来、

さらに未来にいる主人公の冷静な現状分析。

どれをとっても「他にない」作品なんです。

他2編も、ちょっと違った風味で読ませる。

自分にはない感覚を見せつけられていると

ああオレって凡人と思ってしまいますわな。

芥川賞候補だったんですよね。でももっと

違うところで注目されるべきだと思います。

 

 

 

 

【書評】ディア・ペイシェント

先日ご紹介した南杏子さん著『ディア・ペイシェント』(幻冬舎

書評(←久しぶり〜)をやらせていただきました。

いやもう、モンスターペイシェントの現状ってば、

スゴイですよ、奥さん。ミステリ要素もあります。

それに立ち向かう女性医師の勇姿に引き込まれます。

 

 

お仕事告知

(=゚ω゚)ノ お仕事告知
JA(農協ね)の子供向け雑誌『ちゃぐりん』3月号で
ショートストーリー「あした日記」を書かせていただきました。
日記の宿題が面倒臭くて、前日に書いちゃったことから、
翌日それに合わせようとドタバタする少年のお話です。

f:id:maehara63:20180204111601p:plain

盤上の向日葵

f:id:maehara63:20180130100321j:plain

【読書日記】1/29読了

『盤上の向日葵』柚木裕子(中央公論新社

本屋大賞にもノミネートされている同作。

ずっと気になっていたけれど、なかなか読む時間がなく

昨晩やっと読了。これ、傑作だと思います。

さいたま市内で発見された白骨死体。

一緒に埋められていた伝説の将棋名駒。これがカギ。

容疑者は実業家からプロ棋士に転身した天才。その生い立ち。

彼を突き止めていくアクの強い強面刑事と元棋士の若手。

重厚な人生ドラマ、深いキャラ設定、綿密なプロット、

予想を裏切る終盤の展開、そのカタルシスたるや……

どれをとっても一流の推理小説だと思います。

松本清張作品を彷彿させる骨太なミステリを見せつけられると

自分の書いているモノの薄っぺらさに愕然とします。

これ、何で直木賞の候補に入らなかったんだろう?

で、自分が書店員さんだったら本屋大賞に投票します。

そのくらい、久々に魂を鷲掴みにされた作品でした。