鰹通信

文筆屋ささきかつお のblogです。近況、お知らせ、読書日記など書いてます。

不定期連載7

f:id:maehara63:20180626090826j:plain

第七話「老人とウニ」

気分転換に日帰り旅行に出かけ、ある港町の駅でおりた。

ウニが名物と聞いていたので、栗の林を抜けて漁港へ、

すると、

「そこの若い方、ちょっと寄っていかんかね」

道端で商いをしている老人に声をかけられる。

はて、ここに朝市があったか? 近寄ってみると、

発泡スチロールの箱の中に、黒々、トゲトゲが見える。

「これは、ここで獲れたウニですか」

「否」と、老人が返す。

「半分はウニだが、もう半分はここの名産、栗じゃよ」

「……?」

私は箱をのぞき込む。たしかに黒と、緑色が半々。

「若い方、旅でいらしたと察する」

「そうです」

「なら、ワシと勝負しようではないか」

「勝負?」

「さよう、どれがウニで、どれが栗か、見分けるのだ」

「そんなの」と、私は笑みを浮かべた。

だって、緑色は、まだ熟していない栗なのだから。

「若い方、緑が栗とお思いだろうが、違う、違う」

「は?」

「ここのウニは “緑ウニ" といって、若い栗イガに似ている」

「なんと!」

「そしてもう一つの名産は “黒栗" じゃ、だが若イガは緑色」

「ううむ」と私は唸る。つまり、区別がつかないのか。

「ところで」と、私は老人に別の話をふる。

「なぜここで、このようなコトをなさっているのですか?」

「年寄りの酔狂と思ってくだされ。さて、ウニはどれかな」

私は目を凝らして緑、黒のトゲトゲを見分けようとする。

「あ」と、簡単な見分け方に気づいた。

「動いていますよ。まだ生きている。なのでコレがウニ」

私が答えると、老人はフフと不敵な笑みを浮かべた。

「やはりご存じなかったのですな」

「何をです?」

「この町の名産  “黒栗" は、動くのです」

 「……」

 

 

 

ぎょらん

f:id:maehara63:20181205134312j:plain

【読書日記】12/4読了

『ぎょらん』町田そのこ(新潮社)

昨年『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』がすごいと

拙ブログにて紹介させていただいた作家さんです。

待望の2作目を読めたのですが、私、終始ボロ泣きでした。

不思議なタイトルは、内容も不思議で、亡くなった人の

思いが赤い珠となって遺体についている、通称ぎょらん。

じゃあ、ただの不思議話かと言えば、そうじゃない。

連作短編で、各章、大事な人を失った主人公たちが、

故人とのこじれた過去に思いをめぐらせ、あがいていく。

一つ一つのエピソードがね、どうにもこうにも

切なくって、やりきれなくて……そういった人間の業が

ギューーーーーーッと詰まってるものだから読了するには

かなり精神的な体力が必要で、すごく濃密だった。

その濃密な個々の思いが、ある瞬間にほころぶんですよ。

それが、たまらなくて、たまらなくて。(思い出し泣き)

この感覚、重松清さんファンならストライクかも。

 

個人的には今年のベスト3に入る本です。

もっともっと注目されてイイと思います。

 

 

 

 

不定期連載6

f:id:maehara63:20180626090826j:plain

第六話「寝耳に」

ホウホウ、という聞き慣れない声に目を覚ますと、

枕元にぼんやりと立っていたのは、

「いかにも、ミミズクである」

「な、なぜミミズクが私の枕元に……」

あ然として、その愛らしいモフモフを眺めていると、

「なぜ私がここにいるのか、知りたいのだろう」

心を見透かしたように、ミミズクは目をつぶる。

「問いたいのだ、ミミズクとフクロウの違いを」

「そんなコトを寝こみを襲ってまで……」

私は困惑するが、これは知っている雑学であった。

「耳のような羽がついているのが、ミミズク」

「ホウ……」

コイツ、知っておったのか、と驚いているようだ。

「だが、シマフクロウにも耳羽はあるのだよ」

「うっ……」

そんな例外まで、このミミズクは知っていたのか。

「じゃが、私がここにいる理由は、それでない」

「違うのですか」

「さよう、オヌシは寝ておったろう。だからな」

「だから?」

「寝耳に水、ならぬ、寝耳にミミズク。なんちって」

「そ、それを言いたいがために……」

「くだらないか」

「くらだないか、くだらなくないかと問われれば」

「くだらない、そう言いたいのだろう。だがな」

そういってミミズクは足もとを見る。

一匹のミミズが、うねうねとのたくっていた。

「私が来なければ、コヤツがオヌシの耳に……」

「ひゃあ」と私は声をあげる。

「寝耳に水、ならぬ、寝耳にミミズ。だったのよ」

「恐ろしい話です」

「だろう。ではこれにて、失礼」

そう言って、ミミズクは闇の中へ消えていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

神さまを待っている

f:id:maehara63:20181122174858j:plain

【読書日記】11/22読了

『神さまを待っている』畑野智美(文藝春秋

派遣切りから転落していく女性の話。

なかなかにリアルなのは実体験もあるという。

いわゆる転落モノは数多かれど、これほど

ヒシヒシと伝わってくるのは書き手の力量に

ほかならないわけで、そういう意味で覚悟を

感じる作品でした。

貧困とは、お金がないのではなく、

頼れる人がいないのだ、という言葉も頷ける。

現代社会の、うす暗い部分を見事に切り取った

リアリズムじゃないでしょうか。

オススメしたい一冊です。

 

 

 

 

 

熱帯

f:id:maehara63:20181119221428j:plain

【読書日記】11/19読了

『熱帯』森見登美彦文藝春秋

森見登美彦氏の著作はデビュー時から追ってまして、

個人的には黒髪の乙女とか、毛玉たちの話が好き、

なんですが、こんな奇想譚も結構好物であります。

発売日に購入し、さっそく読み耽った晩秋の夜更け、

なんですが、あまりの濃密ぶりに結構クラクラです。

森見登美彦氏が学生時代に出会った『熱帯』なる本。

この本をめぐる奇妙な冒険譚が始まるワケですが、

いやあ、これがもう、底がなくって、底がなくって、

自分が同書の中にズブズブと沈んでいく感覚になる。

扉を開けたら、また扉で、それを開けたらまた扉。

著者特有の不思議な言葉が、今回もてんこ盛りで、

「沈黙読書会」「暴夜書房」など、うごうごですが、

いつもほどのうごうごではなく、謎が深くなる。

ああもう、こんな濃密な500頁強をどうしませう、

と思ったていたら、あーっという間に読了でした。

とまあ、紹介するにも内容は複雑すぎるし、それに、

簡単に説明できないのがモリミーワールドですし。

あえて言うなれば、「想像と創造」がカギかなあ。

著者のアタマの中が少しだけ垣間見えた気がします。

これまでのイマジネーションの集大成……?

いや、まだまだモリミーワールドは続いていくし、

これからも楽しませてくれることでしょうし。

とまれ、じっくりと楽しませていただきました。

着地も見事! ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

東京23区外さんぽ

f:id:maehara63:20181116093737j:plain

【読書日記】11/15読了

『東京23区外さんぽ』泉麻人平凡社

そのライフスタイルをリスペクトしてる泉さんですが、

東京散歩シリーズの郊外版が出たので読む。

東京は23区外にも市町村があって、私事、

人生の大半をそっちで生活して来ましたから、

そりゃあ思い入れもあるってもんで、楽しく読書。

でも、知らなかったコトが多いんですよね。

久しぶりに五日市とか、青梅とか行きたくなりました。

うん、楽しい。

 

 

 

ダンデライオン

f:id:maehara63:20181115090142j:plain

【読書日記】11/14読了

ダンデライオン中田永一小学館

ある衝撃で二十年前の自分と心が入れ替わる、という

SFがベースですが、そこに家族を殺された恋人との

出会いが関わってくると著者独特のキュン!が加わる。

とかくタイムスリップものはパラドックスを感じると

あれ? になるんだけど、中田さんの小説にはない。

緻密なストーリーテラーとしてのワザが光ってます。

いろんな作風をお持ちの作家さんなんですが、本作を

読んで、ちょっとうす暗いサスペンスを覚えたのは、

乙一の初期作品の風合を感じたからかなあ。

ぎゅっと詰まったミステリは読みごたえアリです。