鰹通信

文筆屋ささきかつお のblogです。近況、お知らせ、読書日記など書いてます。

また、桜の国で

f:id:maehara63:20170223172445j:plain

2/21読了『また、桜の国で』須賀しのぶ

ああ、更新ご無沙汰でしたね。

バタバタとしてました。

さて、先の直木賞は『蜜蜂と遠雷』に決まりましたが、

他の候補作も素晴らしいものが多かった今回でしたね。

先日読了したのが須賀さんのこの作品。

第二次大戦でのポーランド、そこで杉原千畝のように

ユダヤ人を救おうとした日本人青年の実話のような話。

フィクションでありながら、そのリアリティ、熱さに

絶賛の嵐が各レビューで起こってます。異議なしです。

蜜蜂と遠雷』がなかったら、この作品が受賞ではと。

まあタラレバはなしとして、一人の男の描き方がもう

超格好良くて、ドラマとしてしっかと読ませてくれる。

オススメしたい1冊であります。

広告を非表示にする