鰹通信

文筆屋ささきかつお のblogです。近況、お知らせ、読書日記など書いてます。

彼女がエスパーだったころ

f:id:maehara63:20170312172039j:plain

3/12読了『彼女がエスパーだったころ』

宮内悠介(講談社

あ、ども、またまたご無沙汰でしたね。

久しぶりにじっくりと読んだ本作、

オススメしたくてブログにアップします。

書名の通りエスパーとか、延命のナントカ水とか

ロボトミーとかカルトとか、話題になる出来事を

ある男の視点で、いつしか引きずり込まれる形で

話が進んでいくてな連作短篇集です。

これがね、ウエットな感じかなと思いきや

もの凄く乾いた感じがしてて、読ませるんです。

カートヴォガネットの小説を読んだような気分。

吉川英治文学新人賞を受賞とのことで

さらに注目してもらいたい本です。