鰹通信

文筆屋ささきかつお のblogです。近況、お知らせ、読書日記など書いてます。

ふたりみち

f:id:maehara63:20180412082631j:plain

【読書日記】 4/11読了

『ふたりみち』山本幸久角川書店

極めて私事で恐縮ですが、映画や本で感動すると

腕がシビレる現象があります。年に数回程度。

本だと、浅田次郎作品、重松清作品で起こります。

で、この山本幸久さんの最新作で同じ現象が。

ま、つまり、そういう作品です。

若い頃に歌手をしていたスナックのママが、

とある事情で再び歌手としてドサ回りを始める。

道中、知り合った十二歳の少女とともに。

各地で遭うトラブルに、再会する旧友たちに、

巧みに張られた伏線に、ゲラゲラ、ホロリとしながら、

それが終章で彼女の人生が見えてくると、もう、

腕がシビレて、シビレて……(以下略)。

本屋大賞も、いい作品がたくさん紹介されましたが、

個人的には山本作品をもっと×2、世に知らしめたい。

ドキドキ、ハラハラ、キュン、もいいけれど、

ほっこりとさせる人生ドラマを描かせたら、

この作者の右に出る人はいないと思っております。