鰹通信

文筆屋ささきかつお のblogです。近況、お知らせ、読書日記など書いてます。

不定期連載

f:id:maehara63:20180626090826j:plain

第四話「翔」

 

営業車で都内某所を回っていた時のことである。

その日も納品が数カ所あったのだが、いつになく渋滞で
得意先への到着が遅れ、いかばか焦っていた。

 

 

こんな時に限って、いつも駐車しているコインパーキングは
「満」の表示になっている。

イライラしながらタバコをくわえ、カーナビに出ている
ほかのパーキングを探し、周辺をグルグル回ったのだ。

 

 

だが、いずれも「満」「満」「満」「満」の表示。

いったい今日はどうなっているのだと、己の不運を嘆く。
そうは言っても時間は経つばかりであるから、
得意先へは「車が混んで……」と遅刻の詫びを電話して、
引き続きコインパーキングを探す。

すると、カーナビには出ていない「P」の看板を発見。

よし! 「満」ではない。ん……あれ? この表示って?

 

 

「翔」

これは、どういうことだろう。
だが「満」ではない。表示板に不具合でもあったのだろうと
自分勝手に解釈をして、ウインカーを下ろし、ハンドルを左へ切る。

黒黄縞の遮断バーの前、ほかと変わらぬ自動発券機がある。
問題ない、とボタンを押した。

 

 

「いらっしゃいませ」と自動アナウンス。
ん、このヘリウムガスを吸ったような、高い声って……。

遮断バーが上がってパーキング内に入ると、
危惧していた事態が、目の前で起こっていた。
場内に大型のワゴンカーが一台だけ停まっていたのだ。

スモークガラスで遮断された車内から現れた、
リーゼント&サングラスの男。

 

 

「なんだ、お前。オモテの表示が見えなかったのかよ」
「は?」
「翔って、書いてあっただろ。翔って」

 先客は、哀川翔だった。

「え……あの、翔って」
「だからさあ、あの翔って表示は、オレ専用ってコトだよ」
「はあ」
「入っちゃったんだから仕方ねえけど、次は気をつけろよ」
「すみません」
「オレだから、スミマセンで済むんだぜ。もしさあ、表示が
 “力”とかだったら絶対に入るんじゃねーぞ」
「“力”って、竹内……」
「そーだよ」

 

 

そう言って、哀川のアニキはパーキングから去っていった。

私が配送を終えて車に戻った時にはアニキの車はなく、
表示も「空」に変わっていたのだった。

 

 

それが数カ月前の話である。
以来、「翔」と表示されたパーキングに出くわしたことはない。

だが今、私は新しく発見したパーキングに、この表示を見つけた。

 

 

「優」

これは、どういうことだろう。
もしかして、蒼井優がこの中に……。

私は迷わずウインカーを下ろし、ハンドルを左へ切る。

いや、待てよ。
優と言っても、山田優かも知れないし。早見優ってこともある。

ええい、ままよ!
そう言って私はパーキングに突入するのである。

 


夏色のナンシー」を口ずさみながら。