鰹通信

文筆屋ささきかつお のblogです。近況、お知らせ、読書日記など書いてます。

10代に語る平成史

f:id:maehara63:20181224175419j:plain

【読書日記】12/24読了

『10代に語る平成史』後藤謙次(岩波ジュニア新書)

「平成」の言葉を聞いたのは、大学3年の冬休みだった。

ああ、昭和が終わり、新しい年号になるんだなぁ、

そのくらいの感慨だったのを記憶している。

30年が経ち、その平成が間もなく終わろうとしている。

はて、どんな30年だったのかなと振り返る。

それなりに懸命に生きてきた自身の20〜40代だったが、

世の中については漠然、曖昧模糊な感覚だったので、

この本を手に取ってみた。

10代、おそらく高校生以上を対象とした本なのだが、

この薄らボンヤリした51のオッサンには解りやすく、

ああ、平成ってこんな時代だったんだよね、と。

消費税、選挙制度バブル崩壊、9.11、自然災害……。

かなり丁寧に、当時の状況を振り返ることが出来ます。

この本は、ことあるごとに読み返すことになりますね。

名著だと思います。