鰹通信

文筆屋ささきかつお のblogです。近況、お知らせ、読書日記など書いてます。

いつかの岸辺に跳ねていく

f:id:maehara63:20190717095648j:plain

【読書日記】7/16読了

『いつかの岸辺に跳ねていく』加納朋子幻冬舎

加納さんの作品は、仄暗い中に、フワンとした優しさが

垣間見える感じがとっても好きで、お気に入りです。

なんですが、この作品は従来のものとは一線を画すなあと。

男女の出会いから成長を淡々、フンワリと描いているようで、

その実、フタをあけると、とんでもないコトが起こっている。

少しでも書くとネタバレになると思うから触れられないけど、

これはエライものを読んでしまったなあ……と驚いております。

『カメ止め』とか好きな人、ハマるんじゃないかと。

個人的には映像化されたものを見てみたい気がします。