鰹通信

文筆屋ささきかつお のblogです。近況、お知らせ、読書日記など書いてます。

地先

f:id:maehara63:20190906191458j:plain

【読書日記】9/5読了

『地先』乙川優三郎徳間書店

滋味……という言葉が読了後に浮かびました。

乙川先生の作品は味わい深いものが多いのですが、

本作も期待通り「ああ、小説ってイイなあ」と。

これといって波乱の展開があるでもない。

登場人物は、どこにでもいる市井の人々である。

なのに描き出される彼、彼女の今を生きる姿は

等身大の読者にタブらせる優しい視線がある。

ほんと、どこにでもいる感じの主人公たちなんです。

でも、でも読み込んでしまうんです。

これはやはり筆力なのかなあ……と一人で分析。

秋の夜長には染みますよ。これは。