鰹通信

文筆屋ささきかつお のblogです。近況、お知らせ、読書日記など書いてます。

落花狼藉

f:id:maehara63:20190927091505j:plain

【読書日記】9/26読了

『落花狼藉』朝井まかて双葉社

個人的にですが、今年のNo.1(現時点で)。

遊郭・吉原を題材にした話は落語、歌舞伎や、

あまたの時代・歴史小説にも出て来ます。

引き込まれたのは、華やかな世界観だけでなく、

江戸の初期、駿府から今の日本橋人形町あたりに

築かれた旧吉原から始まる話であり、苦悶し

奮闘する女将の生き様、そして江戸の裏風俗が

ちら、ちら、と見えてくるところ。
もちろんフィクションではありますが、かなりの

時代考証をされたと思われる緻密な描写と

泥臭いほどに抉った人物の心情描写ってば、

そこいらの時代小説が霞んでしまいます。

うん、これは傑作だなと思い、多くの人と

この本の素晴らしさを共有したいでありんす。