鰹通信

文筆屋ささきかつお のblogです。近況、お知らせ、読書日記など書いてます。

根に帰る落葉は

f:id:maehara63:20200729093837p:plain

【読書日記】7/27読了

『根に帰る落葉は』南木佳士(田端書店)

著者の作品に始めて出会ったのは、たしか30代、

医学生』(文春文庫)だったかと記憶している。

世にあまたある医療小説とは一線を画した、

心に染みるmy人生のベスト本となった。

その著者の、エッセイ集がこれ。

老境に入り、無理することなく日日を受け入れ、

過ぎ去った日々を眺めている短い随筆がずらり。

ひとつひとつが、丁寧に紡がれているから、

読む側も、その織りなす心の絵柄を味わえる。

とっても贅沢な一冊。

 

個人的にイイナと思ったのは、この本の装丁。

サイズが文庫本のそれで、ハードカバーなんです。

ああ、こういう手法があったのかと目ウロコでした。