鰹通信

文筆屋ささきかつお のblogです。近況、お知らせ、読書日記など書いてます。

架空の犬と嘘をつく猫

f:id:maehara63:20201230115857j:plain

【読書日記】12/29読了

『架空の犬と嘘をつく猫』寺地はるな(中公文庫)

年内最後(かな?)は最近お気に入りの寺地さん作品。

ある一家の変節を次男の目線を軸に5年ごとに追っていく。

この手の家族劇って大味になりがちなんだけど、

寺地さんの筆致は一人一人に優しく寄り添ってるから

滋味深く、ウルッとくる場面が多い。

この既視感、ああそうだ、重松清に近いのかも知れない。

ラストの主人公のエッセイも、自分に近いものを感じたし。

年末に、いい作品に巡り会えてシアワセでした。